【はじめに】高校受験対策 いつから始める?

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 1384 文字約 3 分で読めます。




どうも!塾は集団派、sketchです!

この記事は、「うちの子、来年から受験生だけど、そろそろ受験のことも考えた方がいいの?」なんてお悩みの親御さんや、危機感を持っている優秀な中学生に向けた記事です。

私自身の経験や、塾講師としての経験を踏まえて書いていきます。

人生は選択の連続、その選択の一助になれれば幸いです。

 

 

スポンサードサーチ





塾選びはいつから?

 

 

高校受験に限らず、進学受験に不可欠なのが塾。私はそう思っています。

いい塾といい先生に出会えれば、学力は自分の頑張り以上に伸びます。

しかし、いい塾を見極めるのは簡単ではないです。特に長男、長女の初めての受験というご両親にとっては極めて難しいです。

もちろん、ひとつの塾に通っただけでは比較できませんし、かと言って、複数の塾に同時に通わせるのは、時間的にも金銭的にも不可能ネットの情報も、自分の子供に当てはまるかはわかりません

つまり、複数の塾の体験授業を受ける必要があります。

体験授業を受ける時期にも注意です。

塾にもよりますが、基本的に受験まで半年〜1年を切っている子には体験授業はないです。今いる受験生に全力を注ぎたいからです。

逆に言うと、長くその塾にいて、先生とも気軽に話せる生徒の方が、塾の恩恵を受けやすいです。

まとめると、

受験一年前までに、複数の塾の体験を済ませ、自分に合う塾を見つけ出し、その塾で自分のことをよく知ってもらう。

これがベストです。

最低でも中二の冬、中三の春季講習までにここまで済んでいれば、受験対策は塾がやってくれるので、問題ないと思います。だいたいの塾は春季講習から、本格的に受験対策です。

 

 

志望校はいつまでに決める?

 

 

勉強のモチベーションを上げるために重要なのが、志望校。

こちらの記事でも書きましたが、これが決まってると決まってないとでは、勉強効率が段違いです。

【慶應高校までの道のり】志望校はいつまでに決めた?

早いに越したことはありませんが、直前で迷うこともあります。入学してから「やっぱあっちが良かった。」なんて言われたら、お母さん泣いちゃいます。

仮でもいいので、中三の4月、春季講習明けには具体的な高校名を挙げて、その高校のことをよく調べておきましょう。

具体的な名前を挙げれば、受験生としての意識を高まりますし、自ずと他の高校のことも調べたくなります。

本決め夏休み後〜10月くらいに決めても遅くはないです。詳細は上にも張りましたがこちらの記事をどうぞ。

 

 

スポンサードサーチ





まとめ

 

 

まとめると、

塾選びは中三の春季講習まで、

志望校仮決めは春季講習明けの4月まで、

本決めは夏休み後まで、

という感じです。

いずれにせよ、早いに越したことはありません。初動の早い人間は有利です。

参考になれば嬉しいです。

それではまた次の記事で!



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す