【世界共通語を作る】第二次ルール

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 159 文字約 1 分で読めます。




第二次ルール(第一次ルールの変更、作成に関するルール。)

• 多用される文字や囲い、つなぎを簡略化しない。
• 囲い、つなぎは意味と形を一対一で対応させるが、文字は対応させない。
• 囲いは対称性を持つものを採用する。
• つなぎの出所を発信(発)、届け先を受信(受)とし、つなぎには方向を持たせる。



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す