【実体験】性病検査の本当の値段!検査に行く前に絶対読んでほしい記事!特に高校生、大学生!

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 3993 文字約 8 分で読めます。




どうも!見た目は大人、中身は子供、sketchです!

この記事は、「もしかしたら性病かも…」、「やばい、不安になってきた…」、「早く検査に行かなきゃ…!」

と思ってるそこのあなたに向けた記事です。

先日、自分が検査に行ったときの体験を踏まえて、特に若い人に!伝えたいことがあります。

今は不安と焦りで頭がいっぱいかもしれませんが、少し時間をください。

 

 

スポンサードサーチ





まずは落ち着こうぜ

 

 

伝えたいことがある!

と書きましたが、一旦それは置いといて…

まずは、私、sketchの体験を一緒に振り返りながら、心を落ち着かせましょう。

たぶん、このページにきてるあなたは、めっちゃ焦ってるはずです。笑

何事も落ち着きが肝心です。

 

 

異変

 

 

先日、私も性病検査に行ってきました。

というのも…

 

「舌めっちゃ荒れてる笑」

 

デートの後、女の子からこんなメールが届きまして、

 

自分もキスをすると、次の日から舌が荒れていたので

 

「俺も笑」

 

みたいな感じで軽く返していたんですが、

女の子の方がかなり不安に感じたみたいで、色々調べてもらったところ、どうやら

 

「咽頭クラミジアと症状が似すぎてる」と。

 

その日は「栄養と睡眠とって様子見よう」ってことになったんですが、

次の日の朝、二人とも喉の痛みに襲われまして、iPhoneのライトで照らしながら鏡で喉を見てみたところ、

扁桃腺と呼ばれる喉の横の部分に、白いかさぶたみたいなのができてたんですね。

それをみて俺も不安になってきちゃいまして、

 

「早いうちに検査にいこう。」と。

 

デートの2日後に検査に行くことになりました。

 

 

スポンサードサーチ





6000円は高い

 

 

はじめは、女の子が行こうとしてた医院でいいかなーと思ってたんですが、検査料金のページを見てみると

 

めっちゃ高い!

1種類検査で6000円とか!

 

でも、初めて見た人は相場がわからないですよね。

性病はデリケートな問題ですから、「これくらいはするかぁ」とか思っちゃいそう。

自分も羞恥心から値段に納得しかけたんですが、

 

幸運なことにお金がなくって笑(幸運なのか)

 

もっと安いとこないのか色々調べ始めたんですね。

 

 

大きく分けて三種類

 

 

調べた結果、

 

保健所:無料

自由診療の医院:めっちゃ高い

保険診療の医院:三割負担

 

値段で分けてこの3種類ありました。

ここでも私は理系のクセが出まして、全部に直接電話をかけ、どこが一番いいのか調べました。

1個ずつ簡単に書いていきます。

 

 

スポンサードサーチ





保健所

 

 

国が行ってるエイズ対策の一環で、無料の予約制です。

広い範囲で保健所が設置されてますが、場所によってはエイズの検査しかできないので、サイトでしっかり調べる必要があります。

一応東京のページはこちらです。

ただ、無料ということもあって、曜日と時間が限られます。また、予約の電話さえも時間だと受け付けてもらえないので「あしたすぐに検査!」とかは無理です。

さらにデメリットとして、検査しかできません。仮に性病だったとしても治療はできないということです。

そして病院に移ったとしても、そこでもう一度検査をしないといけないらしく、あんまり意味ないです。

「私は性病持ってない!」と証明したい人が利用するんじゃないかな。

 

 

自由診療の医院

 

 

問題はここですよ。本当にタチが悪い!詳しくはあとで書きます。

自由診療とは病院側と患者側が個別に契約を結んで行われる診療であり、公的医療保険が適用されません。

公的医療保険とはいわゆる三割負担。国が七割もってくれますよってやつです。

だからめっちゃ高いんです。

施術内容も国の認定がなくてもできますし、ちょっと危険です。

ちなみに検査結果は2日くらいで出ると言われました。

 

 

スポンサードサーチ





保険診療の医院

 

 

ここは保険がききます。

検査がだいたい2000円ちょいくらい。治療費と合わせても、10000円で間違いなくお釣りがくると言ってました。

そして国の認定がある施術しかしません。安心です。

電話で聞いた時は検査結果は一週間後と言われたんですが、実際は2日で、しかも自分の言ったところはネット上で見れました。

 

 

いい先生との出会い

 

 

ここまで読めばわかると思いますが、

はじめ女の子に提案された場所ではなく、保険診療のところに行きました。

やっぱりこういうお互い不安な時は、女の子に任せず、男がリードすることが大事ですよ。(ドヤァ)

次の日になり、二人でマスクして病院行きました。

性病科の待ち時間はそんなに長くなかったです。男女で来てるのも自分たちだけ。

そこで診てもらったS先生がとてもいい先生で、かなりいいことを言ってたので、全国の若い人にも知って欲しいなと思い、この記事を書いてます。

ここからがようやく本題です。

ここまで読めば、ちょっとは落ち着いてるんじゃないかな。

記事はもう十分長いですが、もう少々お付き合いください。

 

 

スポンサードサーチ





伝えたいこと

 

 

①保険診療の医者に行け

②喉の異常は耳鼻咽喉科に

③性病だと決めつけるのは早い

 

自分が伝えたいことはこの3つです。

 

 

①保険診療の医者に行け

 

 

性病検査に限らず、特別な理由がない場合は保険診療の医院に行きましょう。

安いし、国の認定があるので安心です。

そして何より”患者がいくら払おうが、先生の給料が変わらない”のが一番の利点です。

自由診療の医院は患者からの医療費で生計をたてているので、「取れるだけ取ってやろう」って感じですが、

保険診療の先生は「患者にとって一番いい形」を提案してくれます。S先生もそうでした。

先生曰く、自由診療の医院にとって、性病の不安がある患者はカモらしく、1人から10万とか取るそうです。保険診療の方に来といて良かったぁー。

ネットとかで経験の浅い若者の不安を煽り、自由診療で種類別に検査することで、お金を取れるだけ取る、と。

言い方悪いと思いますが、これが今の自分の印象です。

 

 

スポンサードサーチ





②喉の異常は耳鼻咽喉科に

 

 

自分たちは喉の異常から性病かなと思ったので、喉を診てもらいに言ったんですが、結局喉は診ず、近くの耳鼻咽喉科を紹介されました。

理由は簡単

「耳鼻咽喉科の方が直しやすいから」だそうです。

内科や耳鼻科などの”科”は、完全に部位ごとに分かれているそうなので、性病だろうが何だろうが喉の異常は耳鼻咽喉科に行くのが普通らしいです。

もし性病じゃなかった時も対処しやすいし、まさに「患者にとって一番いい形」です。

結局診察は、一応不安なので尿検査だけして、費用も2200円くらいで済みました。

 

 

③性病だと決めつけるのは早い

 

 

先生曰く、「性病科にくる患者の中で実際に性病なのは半分もいないらしい」です。

意外と低い。

ちょっと心当たりがあると、すぐネットの情報で不安になって、自分が性病だと思い込んでしまいますよね。自分もそうでした。

それで焦って検査しようとして、自由診療の医者のカモになると。

この記事で、そういう人が減ることを願います。

 

 

スポンサードサーチ





まとめ

 

 

ここまで読んでるあなたは、もう十分落ち着けてるはず。どこで検査するか、今一度ゆっくり考えましょう。

ちなみに自分の検査結果は陰性、つまり大丈夫でした。

女の子の方も大丈夫だったみたいなので、二人ともただの扁桃腺炎だったっぽいです。ゆっくり休んで治します。(とか言いつつ、マスクをしながら2日もかけてこの記事を書いてるわけですが)

やっぱり人生、落ち着きが肝心ですね。

それではまた次の記事で!



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す