【慶應高校通学日記】英語教師に「覚悟しとけよ」と言われた件。

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 1177 文字約 3 分で読めます。




どうも!成績は悪いsketchです!

このシリーズでは、私の慶應高校での体験を、日記のように、思うがまま書いていこうと思います。

ネット上のどのサイトよりも、より実態に近い情報だと思いますので、良かったら志望校選びに役立ててください。

 

 

スポンサードサーチ





12月18日(月)

 

 

私は一限の授業にギリギリ間に合い、席に着きました。

教科は英語、

教室はいつも静か、視聴率は50%以下は当たり前。

私の一週間で1、2位を争う退屈な時間です。

しかし今日は、いつもとはちょっと違いました。

 

「授業後に前に来てください。」

 

私は先生に呼び出しを受けました。私の隣の席のやつも一緒に。

内容としては、「私の授業態度が気に食わない。」とのこと。

おそらく授業中、同じく退屈そうにしていた隣のやつと話していたせいでしょう。

そして先生の文句に適当に頷き、席に戻った後、もう一度先生に呼ばれ、こう言われました。

 

「成績、覚悟しておけよ。」

 

私はちょっと驚きましたが、顔には出さず、また適当に返事をしました。

家に帰った後、あの先生の言葉を自分なりに考えてみました。

私も塾の先生として働いている身です。少しは教鞭を執る人の気持ちがわかります。

 

おそらく、私に授業を聞いて欲しかったのでしょう。

 

私も生徒が授業を聞かないと悲しいし、「どうすればいいんだ。」と悩みます。

でもそれで、私は生徒を脅したりしないです。

塾の先生は生徒に強く出れないから、とかではありません。私が学校の先生でも同じです。

脅して授業を聞かせたところで、相手のためにも、自分のためにもならないからです。

私は、尊敬できる人の言うことはよく聞きますが、それ以外の人の言うことは聞きません。

私だけではないと思います。

自分を脅した相手の言うことを誰が聞きますかね。聞いたふりをするのが大抵です。

そして、そもそも授業の人気がないのはなんででしょう。

もともと人気がない教科とかもあると思いますが、一番は授業が面白くないからです。先生の話を聞くのが有意義じゃないんです。

私も全ての教科において授業を聞いてないわけではないです。面白い先生の時間や興味のある教科では、かなり真面目です。特に数学の先生は本当にわかりやすくて面白い!

でももし明日の授業でその数学の先生に脅されたら、きっとやる気はなくなりますね。

受験がないからこんな贅沢を言えるのかもしれませんが、大学ではこれが普通です。自分の教科は自分で選べます。

早く大学生になりたいです。



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す