【慶應高校までの道のり】慶應高校の入試内容(もしかしたらBANされるかも笑)

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 1627 文字約 4 分で読めます。




どうも!sketchです!

この記事は、

【体験談】慶應義塾高校合格までの道のりを話します。

の一部です。

初めての人はまず上の記事に行き、順番にご覧ください。

それでは本編どうぞ!

 

 

スポンサードサーチ





慶應高校の試験内容(もしかしたらBANされるかも笑)

 

 

※はじめに言っておきますが、この情報は2015年2月に実施された慶應義塾高校の受験内容です。年によって大きく変わる可能性がある、というか毎年変わりますので過信しすぎないようにしてください。最新の情報は塾の先生などのプロの方に聞いてください。

まず、ペーパーテストは英語、国語、数学の三科目で全部50分ずつだったと思います。

 

 

英語

 

 

パターン決まってましたね。

序盤は文法、中盤で空欄補充と熟語の知識系、最後が長文の読解です。

長文は中学の範囲から全く外れた単語が多く出てきて、自分で意味を補充しながら解く感じです。とにかく全体像を掴んで、わかるやつから解いてくのがいいと思います。

 

 

スポンサードサーチ





国語

 

 

ちょっと変わってます。

長文二題と知識問題でしたが、毎年文学作品の知識問題(〜〜を書いたのは誰か?みたいな)が出ます。知ってれば対策できます。他にもちょっと歴史チックなのが出た年もあったような。

 

 

数学

 

 

多分この三科目で一番難しいです。

私の年もかなり難しくて体感45点くらいしか取れませんでした。公式などの知識は前提として、発想力や柔軟性、いかに問題を簡単に解くか、みたいなものを見るテストだと思います。

あと、試験の紙に計算用のスペースがなくて、問題が詰めて羅列してあるので、問題数も多い上に、慣れてないと計算が進みません。ここもおそらく柔軟性を見るためかな?

 

 

スポンサードサーチ





面接

 

 

まず待ち時間が長い!笑。1時間ぐらい待たされます。周りは慶應の歴史とか、福沢先生の享年とか暗記してましたが、そんなことする必要はないと思います。

形式は2回に分かれていて、1回目は自分1対先生1、2回目は自分1対先生2でした。

1回目は割と普通な面接で、志望動機とか、住んでるところとか、他に受けた高校とかを聞かれました。公立と同じ感じ。

2回目はちょっとゆるい感じ。「試験どうだった?」とか、「何部に入りたいの?」とか、「大学の学部はどこがいいの?」とか聞かれました。

注意点は「家からの距離」と、「他に受けた高校」ですかね。

高校側としては、絶対に入ってくれそうな人に合格をあげたいですから、第一志望というのはもちろん、現実的な通学手段とか、大学まで見据えてますアピールとかはしといたほうがいいですね。

あとは堅くなりすぎなければ大丈夫、と言いたいところですが、筆記で落ちるのが3分の1、そこから面接で8分の1くらい落ちるので、油断は禁物です。

もし気が向いたら、それぞれの科目の対策記事とか、実際に受験の問題を作ってる先生とも知り合いなので、お話を伺ってみたいと思います。

需要があるか知りたいので、書いて欲しい人はコメントお願いします。

 

 

次の記事はこちら!

【慶應高校までの道のり】何点取れば受かるの?

リンク元に戻る



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す