【慶應高校までの道のり】模試は毎回必ず受けろ

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 651 文字約 2 分で読めます。




どうも!sketchです!

この記事は、

【体験談】慶應義塾高校合格までの道のりを話します。

の一部です。

初めての人はまず上の記事に行き、順番にご覧ください。

それでは本編どうぞ!

 

 

スポンサードサーチ





模試は毎回必ず受けろ

 

 

模試には重要な機能がいくつかあります。が、その中で最も大事な機能は、

定期的に偏差値を知れる

テストに耐性がつく

の2つです。1つ目は先ほどの偏差値の説明でわかると思います。

意外と重要なのが2つ目。

「自分ではもっとできる!」と思っていても、それを周りに証明するには、模試で偏差値として結果を出さなければいけません。(あとで話す10〜12月のことです。)

そこで重要なのが、「テストに慣れる」ということです。

テストに慣れれば、実力が思い通りに発揮できますし、本番に強い人(私もそうですが)なんかは、テストの方がいい結果なんてこともあります。

受験本番のためというのもありますが、年末の模試で偏差値を上げるためにも、模試の案内が来たら毎回受けましょう。

最初はめんどくさいかもしれませんが、自分の実力が思うように出せると、そのうち模試が楽しみになります。私は模試が好きでした。

 

 

次の記事はこちら!

【慶應高校までの道のり】試験範囲は夏休みまでに

リンク元に戻る



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す