【治し方】五年間残っていた面疔跡(めんちょ跡)とニキビを薬1つで治す方法。

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 4514 文字約 9 分で読めます。




どうも!いつか顔出ししたいsketchです!

この記事は、「めんちょ跡が消えない!」、「若い時にいじっちゃって深いとこまで傷がついてる…」、「色々薬試したけど効果なかった!」という方のための記事です。

私も少し前まで、顔が汚くて悩んでいましたが、ある方の動画をきっかけに、顔を綺麗にすることができました。

ニキビと、そして最も厄介だっためんちょ跡も、約3ヶ月ほどで治すことができましたので、その方法をお教えします!

 

 

スポンサードサーチ





その名も、D-sun(ディーさん)

 

 

ある方というのは、Youtubeで主にボディメイク、ヘルスケア系の動画を上げているD-sun(ディーさん)という方です。Youtubeで検索してみてください。

肌ケア以外にも、筋トレやサプリメントの動画もよくみています。

そんな方がオススメしていたある1種類の薬と、洗顔の方法を変えただけで、5年間にわたり私の鼻のてっぺんにあった大きなめんちょ跡を治し、顔じゅうのニキビも綺麗にできました。

 

 

睡眠、栄養は大前提

 

 

これは大前提です。

これができていなくて、

 

「何やってもダメでしたー!」

 

なんて言ってる奴は今すぐ帰って野菜食って寝ろ!

そもそも原始人は肌ケアなんてしてませんでした。人類が肌ケアなんてものを始めたのは、ここ数百年の話なんです。

つまり、健康的に規則正しく生活していれば、顔は汚くならないんですよ。

 

「お前の生活荒れてんぞ!早く見直せ!」

 

こういう体からのSOSだったわけです。

 

 

スポンサードサーチ





洗顔は政治

 

 

洗顔は、”顔”を”洗”うと書きますが、これは間違いです。

顔は洗ってはいけません。

洗うというと、洗濯物の汚れを落とすようなイメージだと思いますが、洗顔で洗濯と同じことをしてはいけません。というより、同じことはできません。

なぜか。それはさっきも言ったように、

 

「顔が荒れるのは体からのSOSだから」

 

です。

洗濯物の汚れは、洗濯物の外から付着した、衣類とは無関係のものですが、

顔の汚れは顔の内側から外に溢れ出した、体の悲鳴なんです。

顔をゴシゴシ洗って、デキモノを落とそうとすることは、体の悲鳴に蓋をして、聞かなかったことにしているのと同じなんです。

まるで独裁政治です。

国民の声に耳を傾けることが、洗顔の正しい姿勢です。

が、デキモノが必要以上に酷くならないようにすることはできます。

国民の怒りをおさめること、これが洗顔の目的になります。

 

 

洗顔で顔を綺麗にはできない。

 

 

ニキビ、めんちょ、角栓、毛穴の黒ずみなどのあらゆる顔の汚れは、基本的に体の問題ですから、洗顔では治りません。

逆に言うと、洗顔は必要ないです。体が健康になれば、自然と治っていきます。

自分もはじめ、これが信じられませんでした。

 

「本当に自然に治るの?」

 

とか、

 

「いや、毛穴にゴミが詰まってるんだから、取れば治るだろ!」

 

とか、

 

「顔の表面を削れば、平らになるだろ!」

 

とか思ってました。顔を物理的に綺麗にしようとしてたんですね。整形に近い。

 

今ならわかる。ただのバカです。笑

 

スクラブや角栓取りは逆効果です。パックも不要。(保湿は場合によっては必要。)

ピーリングは最終手段ですし、個人ではできません。スキンケア専門の人にビタミンやらなんやらと一緒に使うものです。

顔はすぐには綺麗にはなりません。半年前の自分の怠惰な生活が、遅れて肌に現れていると思って、時間をかけて治しましょう。

 

 

スポンサードサーチ





泡は乗せるだけ

 

 

さっきので、洗顔に対する正しい姿勢が理解できたと思います。

じゃあ具体的に何をするのか。

答えは、

 

「顔の産毛を綺麗にする」

 

です。

顔の産毛についた汚れは外部からのもので、さっきの例えで言うなら洗濯物の汚れと同じです。

これは洗い落とすべきです。

産毛の汚れが、デキモノにとって刺激になってしまい、必要以上にデキモノが大きくなってしまうからです。

国民の怒りをさらに大きくするような、無能な政治家みたいなもんです。さっさとクビにしてしまいます。

やり方はいろいろあると思いますが、私が実際にやっている方法はこうです。

 

①体を洗っているのと同じボディソープを少量手にとり、泡立たせる。

②顔に乗せる。

③水で流す。

④終わり。

 

簡単でしょ?

ポイントは「泡を顔に乗せる。」です。

産毛を泡で包んで、水で流す。これで洗顔は終わりです。

塗りこむ必要はないですし、こすったり、顔を撫でることさえしなくていいです。

ただ乗せて、流す。

これだけです。

洗顔料も使ってません。ボディソープで十分です。今まで高い洗顔を買っていたが本当にバカらしいです。

 

 

洗顔後はたった1つの薬だけ

 

 

お風呂から出ても、保湿は一切しません。

若いうちは必要ないと思ってますし、ベトベトするのが嫌いです。逆に汚れが付きそう。化粧水も乳液も何にもしてないです。

(自分は男性なので、女性の肌ケアについては未勉強です、が、必要ないかなと思っています。)

やってるのはたった1つの薬を塗るだけです。

それは何か。

 

 

「オロナイン」

 

です。

こいつ本当に優秀です!抗生物質と並ぶ万能薬と言っても過言ではない!

D- sun(ディーさん)が言ってたんで試しに使ってみて本当によかったです。

使い方は簡単で、

 

  1. お風呂上がり、ちょっと体を乾かします。
  2. 顔の赤くなってるところ、ニキビのところなど、治したいところを覆うように、ちょっと多めに乗せます。
  3. 終わり

 

ここでも乗せるだけですね。

外出する際には白くて目立つので伸ばしてもいいですが、外気から守ることが大事なので、できれば覆っておきたいです。

腕とか足の怪我と同じ感覚です。

ただ絆創膏はやめましょう。

換気ができないので、肌が苦しいですし、周りの粘着質が逆にニキビを助長します。

 

 

スポンサードサーチ





めんちょはいじるな by経験者

 

 

ここからは私の実体験です。

めんちょができたのは中学一年の頃で、鼻のてっぺん、顔のど真ん中にデキてしまいました。多分オナニーが原因かなぁ。

その時は、スマホもなかったし、ネットで調べるなんて習慣もなかったので、親しか情報源がありませんでした。

親には、「触ったら酷くなるから触るな。」と言われていたんですが、

始めてのめんちょで、しかもど真ん中で、気になって気になって触りまくってました。

するとどんどん大きくなっていって、学校でもいじられる感じになって、若さゆえにちょっと焦りだして、早く治そうといろいろいじっちゃってました。

中の白いのを出そうと思いっきり潰してみたり、

ペンチとか裁縫用の針とかでほじったり、

絆創膏をつけてみたり、まあいろいろしてましたね。

 

今ならわかる。大バカです。

 

肌は何層かに分かれているんですが、奥の方には一度傷ついたら2度と再生できない層もあるんです。

多分、いろいろやってるうちにそこが傷ついちゃって、跡になったんだと思います。

めんちょにも慣れてきて、あまり触らなくなってくると、徐々に小さくなってきたんですが、それでも奥にはまだ芯が残ってる感じが4年くらい続いていました。

 

 

五年越しのめんちょとの戦い

 

 

D-sun(ディーさん)との出会い、そしてオロナインとの邂逅。

洗顔の方法を変えて、オナ禁もはじめ、健康に気を使いながら、オロナインを使いはじめました。

使い始めて一週間経たないくらいで、なんとめんちょが大きくなってきました。

でも酷くなってる感じはなくて、ちょっと不安なまま使い続けていました。

すると日に日に中から本体みたいなのが浮き上がってきて、1ヶ月ほどで完全に消えました。

おそらく5年間残っていた芯が消えたんだと思います。

その時はなんか呪いから解放された気分で、本当に嬉しかったですね。

あとは表面のくぼみにオロナインを塗り続けて、3ヶ月から5ヶ月くらいで、目立たなくなってきました。

今もオロナインは塗り続けていますが、まだ、よく見ると跡がわかります。

多分ここら辺が限界かなぁと思っています。肌の奥の層を傷つけたせいですね。これは流石のオロナインさんでも厳しいかな。

もう少し様子を見て、肌全体が安定してきたらピーリングを試そうかな。

 

一応アマゾンのリンクも貼っておきます。

今見たら、買い合わせで592円でした。

高いものなんか買わなくても、基本的なもので十分ケアできるんです。

 

持ち運びに便利なチューブタイプもあります。

 

 

塗る時もスタンプみたいに必要なところに必要なだけ塗れるのでオススメです。

自分は常に携帯していて、学校のトイレとかで鏡見ながら塗ってます。笑

 

アマゾンで買うとちょっと割高なので、ドラッグストアとかで買ったほうがいいかもしれません。

一応アマゾンリンクも載せておきます。

 

 

スポンサードサーチ





まとめ

 

 

顔が綺麗になると、心まで前向きになりますし、未来に希望が持てます。

いつか顔出しもしたいなぁと思っているのでその時はよろしくお願いします。

インターネットの力は本当に偉大ですね。YoutubeにもD-sun(ディーさん)にも感謝しています。

それではまた次の記事で!



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す