【空飛ぶ研究】大雑把な研究計画

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 589 文字約 2 分で読めます。




 

 

スポンサードサーチ





大雑把な見通し

 

 

4年以内に実用化。

2年以内に実際に家から大学まで飛行。

1年以内に実寸大で原型を作成。

半年以内に手のひらサイズの模型を作成。

 

 

大体の計画

 

 

最初の半年

現在どこまで研究が進んでいる分野なのか調べる。(4月)

論文を読み漁り、何を勉強すべきか知る。(4月から)

必要な材料の調達(夏前)

飛ぶ方法をいくつか考え、そのとき使う装置の小さい模型を作る。(夏休み前半)

 

半年から1年

必要な分野の勉強を始める。(夏休み後半)

欲しい機能を書き出し、実現に必要なシステムを調べる。(夏休み後から)

模型をもとに、実寸大の模型を作る。(冬休み)

 

2年目

模型をもとに、初号機を作る。(夏休み終了まで)

飛行試験時に注意すべき法律を調べ、飛行試験をする。(夏休み後)

試験結果をもとに、仲間、資金を集める。(試験後)

 

3年目

安全性、社会性などを考慮。

継続的な実用化に向けた環境整備。

 

4年目

一般への普及に向けた機能改善、広報。

起業、商業化、量産体制の検討。



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す