【SFC大学生活のすゝめ】時間割ってどうやって組むの?履修システム徹底解説!

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 2201 文字約 5 分で読めます。




どうも!最近早起きできているsketchです!

 

このシリーズ『SFC大学生活のすゝめ』では、「SFCの新入生に、先輩の私がアドバイスする」という記事を書いています。

 

この記事では、SFC生が最初にぶち当たる壁、”履修”について徹底的に解説していきます。

 

特に、SFCの履修システムは難解で、不親切極まりありません。

 

もうそろそろ講義案内から時間割を組み始める時期です。

 

早めに頭に入れておいてください。

 

 

スポンサードサーチ





そもそも ”履修” とは

 

 

皆さんはそもそも、”履修”という言葉に、あまり聞き覚えがないと思います。

 

高校までは、授業は座っていれば勝手に始まるもの、受けなければならないもの、という印象があったと思いますが、

 

大学では、少し変わってきます。

 

大学では、教室に自分で行かなければいけません。その代わり、自分が受けたい授業を受けることができます。

 

授業を選択して受けること、これを”履修”と言います。

 

特にSFCの”履修システム”は困難なことこの上ないので、新入生のみならず、2年生であっても戸惑いかねません。

 

”履修システム”を理解することこそ、SFCでの大学生活の要と言えるのではないでしょうか。

 

 

履修のシステム

 

 

SFCでは、慶應のアカウントとは別にもう1つ、SFC-SFSアカウントというものを生徒一人一人が持っていて、履修のエントリーや履修申告はSFCーSFSのマイページから行います。

下にリンク貼りましたので、今のうちにお気に入りやホーム画面追加などしておくと便利です。

 

SFCーSFS

 

SFC-SFSについても別の記事で解説しますのでよろしくです!

 

では、具体的なSFCでの履修の流れを説明していきます。

大まかな全体の流れを見た後に、それぞれのフェーズについて細かく解説していきます。

それではどうぞ!

 

 

スポンサードサーチ





履修の流れ(カッコ内は2019年度の春の日程)

 

 

1、シラバス公開(3月8日〜)

2、入れたい授業をざっくり見る。(シラバス公開後〜)

3、履修選抜課題がある授業の課題を出す。(4月3日17:00まで)

4、履修選抜の結果発表(4月5日17:00)

5、履修申告をする!(4月10日13:00〜13日13:00)

6、第1週目の授業に出る。(4月8日〜)

7、単位を取る。

 

以上

 

それでは次の章ではそれぞれのフェーズについて解説していきます!

 

 

よくわかる解説

 

 

1、シラバス公開(3月8日〜)

次の学期に開講される全ての授業の詳細が発表されます。

 

2、入れたい授業をざっくり見る。(シラバス公開後〜)

SFCでは授業の種類と数がめちゃめちゃ多いので、この期間をフルに活用して、自分の受けたい授業を吟味する必要があります。

自分の興味がある分野、好きな先生、好きな言語、授業を入れたい曜日、休みにしたい曜日、

いろんな視点から情報を集めます。

 

3、履修選抜課題がある授業の課題を出す。(4月3日17:00まで)

SFCの授業には、履修するために課題を出さなきゃいけない授業も多くあります。

先生方はその課題を見て、どの生徒を授業に受け入れるかを決めるので、結構大事です。

自分の実力を100%出せるように、本気でやりましょう。

 

4、履修選抜の結果発表(4月5日17:00)

選抜の結果が出ます。

ここで受かっていれば履修でき、落ちていると履修できません。

 

5、履修申告をする!(4月10日13:00〜13日13:00)

SFCでは、最終的に自分が履修する授業を全て申告する、履修申告という制度があり、

ここで申告を忘れてしまうと、授業を受けられません。

つまり、その学期を空っぽの状態にしてしまうということです。

これは悲惨!

 

6、第1週目の授業に出る。(4月8日〜)

ドキドキの第1回目の授業です。

 

7、単位を取る。

あとは単位を取るだけ!

がんば!

 

 

スポンサードサーチ





まとめ

 

 

とりあえすこんな感じです。

 

今回は、大学のことが何もわからない初心者向けに、初歩の初歩まで話したので、次回以降はもうちょい高度なアドバイスを書いていこうと思います。

 

それではまた次の記事で!



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す