【SFC授業ノート】第1回『インターネット』(村井 純)「ようこそ「インターネット」へ」4/10(火)3限

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 1694 文字約 4 分で読めます。




 

 

スポンサードサーチ





授業概要

 

 

人多め。Ω11,12が埋まる。立ってる人もいる。

圧倒的Mac率。

この授業は29年目。

アシスタントが3人くらい。

ほとんどが1年生。2年生がちょっと。3年4年はほぼいない。

出席はない。SFC生じゃなくても受けれる。SFCは誰でもウェルカムらしい。

村井純の圧倒的ボス感。

 

この授業の目標は、「バトンタッチ!」

インターネットを使う人から作る人へ

KEIO-GC、iTunes universityで発信されている。ただし「カット」と言われた部分は収録されないため、SFCでしか聞けない。

村井純の個人的な意見、危ない話、やばい話(漫画村のこととか)はカットされるので、ぜひ直接受けたい。

リアルタイムなニュース、時事ネタもよく解説されるが、カットされやすい。

 

初回の課題

『あなたの目指す職業を書きなさい。』

『その職業を革新するインターネットの利用方法を書きなさい。』

他の業種との関係、グローバル社会と国際社会との関係性を意識して、140文字以内で書く。

締め切り、4/16 23:59まで!

課題提出時は引用ルール絶対。

 

木曜の4、5限にイオタ23で村井研究会。

ゲストも来る。

 

評価

 

各課題の提出

引用はしっかり。

他人の課題にコメント。

議論の貢献度

グループワーク

最終課題。

個人課題

学生発表

SFCは昨年度から絶対評価になった。

 

 

授業ノート

 

 

SFCにインターネットをつないでからやった2つの事。

1、会社「JUNET」を作った。(電話が鳴りっぱなしだったから。)

2、本を書いた。(講演の問い合わせが殺到したから。)

 

結局、もっと電話がかかってくるように…

インターネットの登場で不利になりそうな人間も電話をかけてきた。

 

グローバル社会と国際社会の違い。

グローバル社会の単位は人や金や情報。

国際社会の単位は国。

 

休学したら学費払わなくていいらしい。このルールを作ったのはSFC。

 

携帯電話の周波数帯の違い。

数字が大きくなると、まっすぐいって容量が増える。

小さくなると、よく曲がる。

電波は水と金を嫌う。

密集したところで電話をするときは高い位置で電話。

 

日本の携帯市場のARPUは世界一。

 

5Gの実証実験が2018年に始まる。次世代の通信システム。オリンピックまでが日本の目標。

日本の研究予算はBUZZワード基準でつく。

 

漫画村へのアクセス自体をブロックする政府の動きがある。

ブロッキングを政府がやっていいのか?問題。情報規制は危険。

現行の著作権法では、ダウンロード禁止法の中に出版物(漫画)が入っていない。

著作権法を改正した時に出版社が拒否した。業界全体の売り上げが落ちると危惧したから。

 

スガさんの後ろにいる門松はSFC一期生。

 

村井さんの漫画村サイトへの意見書も聞けた。カットなためここでは書けない。

 

その他のインターネットとの重要キーワード一覧

医療

中国

カレンシー

AI

インパクト

メディア

交通、自動車

デジタルファブリケーション

 

 

スポンサードサーチ





わからなかった言葉リスト

 

 

MNO

 

MVNO

ARPU(Average Revenue Per User)

一人当たりの利益。

 

 

関連記事

【学びの共有】SFCでの授業のノートを公開します。



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

“【SFC授業ノート】第1回『インターネット』(村井 純)「ようこそ「インターネット」へ」4/10(火)3限” への1件の返信

コメントを残す