【SFC授業ノート】第1回『心身ウェルネス』(森 さち子)「最近話題の感染症」6/11(月)

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 1318 文字約 3 分で読めます。




 

スポンサードサーチ





授業概要

 

 

11:40に出席カードが配られた。

ちなみに30分以上の遅刻は欠席になるそうな。

 

最終レポートは厳しめ。

 

あと授業スライドはなし。欠席するとレポート書けないからやばいかも。

 

 

授業ノート

 

 

学校感染症になっても、診断書があれば欠席しても出席扱いになる。詳しくは病院の先生に聞け。

 

インフルエンザは目、鼻、口から感染する。だから手洗いうがい。

 

麻疹は日本では撲滅したと言う認定をWHOに受けた、が、以降度々集団感染が起きている。

HWOが認定したのはその時日本にあった麻疹のウイルスのみ。ウイルスにはいろんな種類、型がある。

だから日本固有のものではない海外の型が入ってくると、感染しちゃう。

 

1998年以降は予防接種を2回しているので免疫力が強いが、それ以前の方は感染しちゃうかも。

 

ここで性病についてのDVD。

 

「避妊してても妊娠することってあるんですか?」

 

が多い質問らしい。

 

コンドームの失敗率は10%。

でも毎回ちゃんと使えば問題ない。

 

もし中出ししちゃっても日本家族計画協会ってとこに電話すれば15000円でなんとかしてくれるらしい。

 

ピルの失敗率は0%〜数%らしい。

 

ラテックスアレルギーでコンドームが痒い人は、他の素材があるよ。

 

セクースの前にシャワー浴びるのも性病にはいいらしい。

 

「予防に勝る治療はない」

 

とのことです。

 

若い人に性病が増えてるから、お固い厚生労働省もシフトして若い人向けにPRしてる。

 

梅毒が若い女性に増えてる。

 

ありふれたヒト・パピローマウイルスは通常、自然消滅する。

しかし一部で体内に持続感染し、子宮頸がんの原因になる。

若い女性の中では一番多いがんが子宮頸がん。

 

12/1は世界エイズデー。

毎年、催しが行われてるらしい。

 

HIVは男性同士の感染が多いらしい。

 

HIVの薬の副作用として認知症がある。

死なないとはいえ、薬を飲み続けなきゃいけないし、副作用もあるからならないに越したことはない。

特に借金ある人、勤め人卒業したい人はマジで詰む。

 

健康診断でHIVの無料診断ができたらいいんじゃないかという動きもある。

 

 

スポンサードサーチ





課題B(300-400字)

 

 

自分が関心のある感染症に関して、その予防における課題はなんであるか、自分の考えを述べてください。



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す