【SFC授業ノート】第1回『環境エネルギー情報論』(藤原 洋)「イントロダクション」9/25(火)2限

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 730 文字約 2 分で読めます。




 

 

スポンサードサーチ





授業概要

 

 

出席カードは11:33に配られた。授業開始23分後。

 

藤原先生はブロードバンドタワーという会社の社長。

 

ゲスト対談もあり。

 

 

 

授業ノート

 

 

まさかの初回から不祥事。

 

 

機械トラブルでスクリーンが映らない。

 

 

11:20くらいから先生たちが総出で対処してるけど、12時になった今でも前でなんかしてる笑

 

 

充電が勿体無いんで、パソコンは閉じときます。

 

 

12:15になんとか授業再開。

 

 

北海道地震では、大きな火力発電所が一個壊れたことで、北海道全域がブラックアウトしたらしい。

 

 

宇宙は137億年前に生まれた。

 

太陽は50億年前

 

地球は40億年前

 

人類は400万年前

 

文明は1万年前

 

 

藤原先生の主張

「社会発展の原動力は、イデオロギーではなくテクノロジーである」

 

 

帰納法とは、事実に基づいて仮説を検証していく方法。

 

 

天文学、医学などの再現性が取れない科学に、コンピュータによるデータサイエンスを用いることによって、人間の手では成し得ない再現性を求めることができる。



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す