【SFC授業ノート】第10回『情報基礎1』(服部 隆志)「コンピュータの仕組み」6/19(火)1、2限

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 993 文字約 3 分で読めます。




 

 

スポンサードサーチ





前回のチェックポイント

 

 

  • * 2 はどういう意味でしょうか?

 

  • for文はどのような形をしているでしょうか?

 

  • for文の初期化を実行した時点で条件が成り立たたない場合はどうなるでしょうか?

 

 

 

授業概要

 

 

人が全然いないんで、前の席に座った。

 

 

スポンサードサーチ





授業ノート

 

 

クロック

CPUが仕事をする時に従っているメトロノーム。

早いほど仕事をするタイミングが多いから高性能。

早くしすぎるとバテて動かない。

同じCPUなら性能がクロック周波数(Hz)に比例するが、違うCPUならクロック一回分の仕事量が違うから単純に比較はできない。

 

記憶装置には2種類ある。

主記憶装置

半導体に電気を貯めて情報を記憶。

電源を切ると記憶されていたデータは全て消える。

その代わり読み込みはめっちゃ早い。

あと値段は高い。

 

補助記憶装置

電源を切っても消えない。

安いからたくさん付けられる。

HDDー

回転する円盤に磁気を帯びさせることで情報を保存。

SSDー

電源を切っても消えない半導体メモリ。HDDの上位互換まである。

 

 

練習問題10−1

1、

何を買うか、入ったお金が入力。

中でお釣りの計算をする。

商品とお釣りが出力。

 

2、

テキストが入力。

照合。

表示。

 

 

今回のチェックポイント

 

 

  • コンピュータの五つの機能は何でしょうか?

 

  • CPUの性能は何によって測れるでしょうか?

 

  • 主記憶装置と補助記憶装置の違いは何でしょうか?

 

  • プロセスとは何でしょうか?

 

  • ファイルのアクセス権は何のために必要でしょうか?

 



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す