【SFC授業ノート】第11回『ネットワーク産業論』(夏野 剛)「AI(人工知能)の進化とITの未来」7/2(月)3限

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 1076 文字約 3 分で読めます。




 

 

スポンサードサーチ





授業概要

 

 

めっちゃ具合悪かったんで、ウェルネスセンターで寝てから1時間ほど遅れて到着。

さっきのウェルネスのノートと同じで今日は内容薄めです。すいません。

最近は前〜列には出席票で加点みたいなのが多い。

 

 

授業ノート

 

 

AIの研究はほとんど人間の研究。

理系ではなく心理学とかの分野が大きい。

 

電通ですら働き方改革で「6時に帰れ!」とか言ってる。そんで家に居場所がないから、飲み屋、キャバクラが儲かる。

 

AIは大量のデータを集約させて、もっともリスクの低い、確実性のある選択をする。

 

AIとのコミュニケーションは赤ちゃんに似ている。

最初は思い通りにいかないが、慣れてくるとコントロールできる。

 

過去5年間で世界中でFacebookが独占。

その国特有ののSNSが絶滅しつつある。

 

Life Time Value

単なるクリック要求ではなく、商品価値が正しく受け止められたかまで検証。

 

Facebookの広告収入は3年で倍以上に。

 

いまだにオレオレ詐欺の被害額が減らないのは、ITの力で犯罪の効率化も進んでるから。

 

日本はソーシャルネットワークの普及率は低い。

 

Facebookの良さは大人になってからわかる。

Facebookが他のSNSと違うの点は、リア充が楽しめること。ツイッターはオタクが楽しめる。

 

ラインが普及してるのは日本がメイン。世界はFacebookとWhatsAppの二強。

メッセージアプリは言語圏を取れば勝ち。

 

メッセージアプリの普及はキャリアにとっては打撃。

 

メッセージアプリ+AIでチャットボット、これからの顧客窓口になるか。

ロボットに動きをサンプリングさせて物を作らせる「Baxter」

 

AIで間違いなくいらなくなる職業は銀行員。

SFC生は銀行員にはならないように。

 

 

スポンサードサーチ





わからなかった言葉リスト

 

 



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す