【SFC授業ノート】第2回『地球環境技術論』(一ノ瀬 友博)「カエルから見た地球」10/1(月)2限

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 1116 文字約 3 分で読めます。




 

 

スポンサードサーチ





授業概要

 

 

今日から10月!

 

今日の先生は黒田先生。

専門は発生生物学。

 

生命現象と現実社会の比較論(秋:金曜3限)がオススメらしい!

 

今日は11:30に出席表が配られた。

 

 

授業ノート

 

 

今日は3パート

 

  1. 国際カエル年が唱えられた意味。
  2. カエルが激減している理由
  3. 環境問題への取り組み

 

 

国際カエル年

 

 

国際自然保護連合と水族館協会が、2005年に唱えた。

 

両生類が激減している。

 

このままいくと、両生類の3分の1が絶滅する。

 

皇居の池のカエルの種類が減っていた。

 

閉鎖空間だから普通はありえない。

 

 

無尾目、有尾目の他に、足がない無足目もいる。(アシナシカエル)

 

 

日本人はカエルをこよなく愛している民族。

 

 

生物は一定の確率で絶滅に向かう。

 

しかし、両生類はその211倍の速度で進んでいる。

 

カエルは浸透性の高い皮膚を持っているため、環境の変化を受けやすい。

 

ヒキガエルとかは口からではなく皮膚から飲んでいる。

 

生殖細胞は環境の変化を受けやすい。

 

現代人の精子は弱っている。

 

フィンランド人の精子濃度は5年で27%下がっていた。

 

 

 

カエルで起こっていることは、人の、特に生殖細胞にも起こっている。

 

 

 

生物濃縮

人はピラミッドの頂点。

食べたものがどんどん上に登っていく。

 

 

環境問題を解決する方法は、

 

 

ヒトがいなくなり、あらゆるスイッチをオフにすればいい。

 

 

黒田研では、皮膚になる細胞から胚を作り出している。

 

 

生物は、環境抵抗がかかり、その数の増加はある一定で止まる。

食べるものがなくなるから。

 

 

しかし、人類は田畑を耕すことができるため、その数が無尽蔵に増える。

200億まで増える計算。

 

 

 



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す