【SFC授業ノート】第9回『ネットワーク産業論』(夏野 剛)「複雑系」6/18(月)3限

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 754 文字約 2 分で読めます。




 

 

スポンサードサーチ





授業概要

 

 

今日は生徒が少なかったから、前7列に座ってる人には加点。

プレゼンは指名されたチーム以外は動画で提出。

 

 

授業ノート

 

 

今日は複雑系の授業。

 

1+1=絶対2

〇〇したら絶対XXする。

ってのが単純系。

 

そうじゃなくていろんなものが絡み合ってるのが複雑系。

 

今までの歴史で言うと、デファクトスタンダード、つまり多数派を使うことでメリットがある。

例えばwindowsとmacならwindowsがデファクトスタンダード。

 

しかしアンドロイドとIOSで比べると、アンドロイドがデファクトスタンダードにも関わらず、IOSのシェアが20%もある。

 

本来ならもっと少なくてもいいはず。

 

それはシェア X 金のバランスで説明できる。

IOSは裕福な国で普及してるからそこに流れる金が多い=手がける人が居続ける。

 

「What if?」

「そんなことは絶対ないと思うけど、もしそれが起きたら…?」

って言う意味。

 

夏野さんが選ぶ3大馬鹿カード

SIMカード

ETCカード

マイナンバーカード

 

 

スポンサードサーチ





わからなかった言葉リスト

 

 

カルチャーハブ

ニューヨークパリロンドン



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す