【SFC授業レビュー】『情報基礎1』(服部 隆志)2018 春

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 2320 文字約 5 分で読めます。




どうも!sketchです!

 

このシリーズは、”私sketchがSFCで受けた全ての授業を、生徒側から逆評価する”記事です。

 

授業を受けた感想と合わせて、

 

単位の取りやすさ、履修のしやすさ、時間帯、教室、他の生徒層、先生、の計7項目に分けて、D〜Sの5段階で評価していきます。

また、主観が入らないように、個人の感想は授業評価、GPAには含めていません。

 

「SFCってどんな授業があるんだろう?」

「今学期なんの授業受けよっかな」

「あの先生って実際どんな人なの?」

 

という方、参考にしてみてください。

 

授業が同じでも、先生が違うと授業形態が大きく異なる可能性があります。注意してください。

 

受けた授業の成績が出るたびに更新していき、4年間の全ての授業を評価していきますので、今後もご注目ください!

 

 

スポンサードサーチ





情報基礎1

 

 

SFC1年生は必ず受ける授業。

これを落とすと、次の情基礎2、3が取れないため、どんどん遅れることになる。

内容は、特別教室にあるiMac27インチを使って、html、css、java scriptを使って、Webページを作る。

文字で見ると難しく感じるが、授業ではゆっくりと基礎から教えてくれるし、周りも初心者ばかりだから、誰でもコードが書けるようになる。

成績は最終課題とかテストとか色々。

難関はキーボードの早打ちテストかな。全くパソコン使わない人は練習しないと無理。

 

 

評価:A

 

 

単位の取りやすさ:A

履修のしやすさ:S

時間帯:C

教室:A

他の生徒層:A

先生:B

 

GPA:2.6

授業評価:A-

 

個人の感想:S

 

 

スポンサードサーチ





単位の取りやすさ:A

 

 

単位が取れるかは、「学ぶ意欲」によると思う。

 

毎回の課題と最終課題を出せば、単位はくると思うが、それもしっかり授業内容を理解して、応用できないと無理。

 

周りの友達に聞いても、結局最終課題は自分で作らないといけない。

 

全くやる気がないと難しい。

 

逆に好きな人、得意な人は間違いなく楽しいし楽。

 

個人差分かれるところ。

 

 

履修のしやすさ:S

 

 

しやすい、というより1年生は必修。

 

履修システムがちょっとややこしいから、案内をよく見よう。

 

 

スポンサードサーチ





時間帯:C

 

 

2018年春は、火曜1、2限。

 

1限は漏れなくDにしたいところだったが、多少の遅刻や2限から行っても、自分で遅れを取り戻せるため、Cにした。

 

 

教室:A

 

 

教室は特別教室。

 

SFCには7つの特別教室があり、その全てにiMac27インチが40台くらいズラッと並んでいる。これは壮観。

 

なかなかのハイスペックだし、アドビやOfficeも入っている超有能。

 

飲食禁止だが、パソコンの前では仕方ない。

 

 

スポンサードサーチ





他の生徒層:A

 

 

時間固定なので、クラスの人と一緒に受ける。

 

安心。

 

 

先生:B

 

 

情報基礎は、先生によってだいぶ形態が異なるらしい。

 

自分が受けた服部さんは、なかなか当たりだったらしい。

 

温厚で、基本口出ししない先生。

 

 

スポンサードサーチ





授業を受けた感想:S

 

 

感想としては、めちゃめちゃ楽しかったし、成績もよかった。

 

自分はhtml、cssは知っていたが、java scripについては全く知らなかったため、とても勉強になったし、自分で組んだ関数が動くのはとても楽しかった。

 

SFCに入学する1つの強みだと思った。

 

詳しくはSFC授業ノートを参照。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

評価される相手を評価する、逆評価の考え方はとても大事です。

 

授業レビューの他にも、

 

SFCでの全ての授業のノートを記録している ”SFC授業ノート”  なども書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それではまた次の記事で!



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す