【SFC授業レビュー】『環境情報学』(濱田 庸子)2018 春

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 2532 文字約 5 分で読めます。




どうも!sketchです!

 

このシリーズは、”私sketchがSFCで受けた全ての授業を、生徒側から逆評価する”記事です。

 

授業を受けた感想と合わせて、

 

単位の取りやすさ、履修のしやすさ、時間帯、教室、他の生徒層、先生、の計7項目に分けて、D〜Sの5段階で評価していきます。

また、主観が入らないように、個人の感想は授業評価、GPAには含めていません。

 

「SFCってどんな授業があるんだろう?」

「今学期なんの授業受けよっかな」

「あの先生って実際どんな人なの?」

 

という方、参考にしてみてください。

 

授業が同じでも、先生が違うと授業形態が大きく異なる可能性があります。注意してください。

 

受けた授業の成績が出るたびに更新していき、4年間の全ての授業を評価していきますので、今後もご注目ください!

 

 

スポンサードサーチ





環境情報学

 

 

1年生が取れる授業。

毎回ゲストにSFCのいろんな先生を呼んで、研究を紹介。

これからSFCで勉強、研究をしていくための道しるべをくれる。

環境情報学部の1年生は必修だが、必修関係なしに総合政策の人も取るべき。

いい授業!

 

 

評価:A-

 

 

単位の取りやすさ:A

履修のしやすさ:S

時間帯:C

教室:B

他の生徒層:A

先生:A

 

GPA:2.6

評価:A-

 

個人の感想:S

 

 

スポンサードサーチ





単位の取りやすさ:A

 

 

成績は、毎回の授業で配られる、出席カードと、半分くらいの頻度で出される課題をもとに評価される。ただし、20分以上遅刻するともらえず、欠席扱いになる。

 

全7回の授業中5回行き、課題も出せば、ほぼ確実に単位は取れる。

 

というか環境の人がこれを落とすと、留年にリーチがかかる。笑

 

高評価はとりにくいが、単位も落としにくいということで、評価A!

 

 

履修のしやすさ:S

 

 

1年生なら誰でも履修できる。

 

問題は、1年春だということ。

 

入学前のガイダンスや、配布資料を読んでいないと、履修の仕方や必修だということが分からず、落としてしまうことも考えられる。

 

情報は常にキャッチしておこう。

 

 

スポンサードサーチ





時間帯:C

 

 

2018年春は、木曜1限に開催された。

 

1限は漏れなくD。

 

しかし、幸いにも前後期の後期の授業で、普通の授業は4月から7月の全14回あるところ、この授業は6月7月の全7回しかなかったため、俺の逆鱗には触れなかった。

 

朝には弱いため、評価C!

 

 

教室:B

 

 

教室はシータ館。

 

黄色っぽい照明が明るく、舞台も広い。スクリーンも大きいため授業は受けやすい。前の舞台で大掛かりなこともできるから、研究の紹介も詳しくしてくれる。

 

問題は、充電ができないことと、飲食禁止なこと。これはSFCではかなり痛い。

 

よって評価はB!

 

 

スポンサードサーチ





他の生徒層:A

 

 

1年春ということもあり、みんなモチベーションは高め。

 

理系が集めっているということもあり、授業を聞く姿勢や質問なども真面目。

 

ここで出会った友達は、割とすごい人が多い。

 

よって評価はA!

 

 

先生:A

 

 

毎回、いろんな先生が来てくれるが、常駐の先生も3人いる。

 

その中の藤井先生(ドラマー研究世界1)がとてもいいことを言うし、個人的にもかなり好き。

 

来てくれる先生も、SFCで理系の研究をしている人たちで、自分が好きな分野の人が来れば、絶対楽しい。

 

よって評価はA!

 

 

スポンサードサーチ





授業を受けた感想:S

 

 

環境の1年生全員と、総合の1年生の半分くらいが集まる授業。

初めのコマで、藤井先生が前でドラムを叩きだしたその時に、

「SFCに来て間違いなかった」と確信した。

藤井先生は個人的に好き。

 

授業内容も、環境情報らしい”理系”な研究が紹介され、毎回興味を惹かれたし、SFCでの研究の指標になった。

 

大学で何か新しいことを始めたい人にはオススメ。

 

詳しくはSFC授業ノートを参照。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

評価される相手を評価する、逆評価の考え方はとても大事です。

 

授業レビューの他に、

 

SFCでの全ての授業のノートを記録している ”SFC授業ノート”  なども書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それではまた次の記事で!



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す