【SFC授業レビュー】『総合政策学』(河添 健)2018 春

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 2689 文字約 5 分で読めます。




どうも!sketchです!

 

このシリーズは、”私sketchがSFCで受けた全ての授業を、生徒側から逆評価する”記事です。

 

授業を受けた感想と合わせて、

 

単位の取りやすさ、履修のしやすさ、時間帯、教室、他の生徒層、先生、の計7項目に分けて、D〜Sの5段階で評価していきます。

また、主観が入らないように、個人の感想は授業評価、GPAには含めていません。

 

「SFCってどんな授業があるんだろう?」

「今学期なんの授業受けよっかな」

「あの先生って実際どんな人なの?」

 

という方、参考にしてみてください。

 

授業が同じでも、先生が違うと授業形態が大きく異なる可能性があります。注意してください。

 

受けた授業の成績が出るたびに更新していき、4年間の全ての授業を評価していきますので、今後もご注目ください!

 

 

スポンサードサーチ





総合政策学

 

 

1年生が取れる授業。

総合政策の人は必修になっているため、落とすと留年リーチ。

起業、社会問題、ネットビジネスがキーワードの、意識高い文系が集まる授業。

それ以外には、社会で今現在勢いのあるSFC卒業生をゲストとして呼び、今やっている活動、生徒からの真面目な質問に答えてくれる。

ツイッターが盛り上がる。

 

 

評価:A

 

 

単位の取りやすさ:S

履修のしやすさ:S

時間帯:S

教室:A

他の生徒層:D

先生:B

 

GPA:2.83

授業評価:A-

 

個人の感想:B

スポンサードサーチ





 

単位の取りやすさ:S

 

 

毎回の授業で配られる出席カードと、全7回の授業を通して行われるコーカスと言うアイデアコンテストへの参加度で、成績が決まる。

 

コーカスのリーダー、もしくはどこかのグループのメンバーに入り、そこそこの活躍をすれば単位は来る。もちろん出席は必須。

 

逆にコーカスに入らないと辛いかも。

 

 

スポンサードサーチ





履修のしやすさ:S

 

 

1年生なら誰でも履修できる。

 

総合政策学部の人は必修になっているが、環境の人でも受けられる。

 

入学後すぐにある、グループワークの授業なので、受けたら多分楽しい。

 

 

時間帯:S

 

 

2018年春は金曜3限に行われた。

3限は優秀。

 

以上。

 

 

スポンサードサーチ





教室:A

 

 

教室はシータ館。

 

シータ館は明るい、大きい、充電できない、飲食禁止。

 

よってA。

 

詳しくは【授業レビュー】『総合政策学』編を参照。

 

 

他の生徒層:D

 

 

よくいる文系大学生みたいなのが集まる。

 

さらに、おそらくSFCでは”受験勉強で高校時代全然遊べなかったがゆえに、大学デビューを決めてやろうと張り切っているオタクたち”が集まっているため、男女ともに結構民度が低い。

 

スクリーンにリアルタイムで流れるツイッターのタイムラインには、最新のツイッターネタが流れ続け、常に騒がしい。

 

ノリと勢いが支配する空間。

 

真面目に授業を受けることは不可能に近い。

 

 

スポンサードサーチ





先生:B

 

 

先生は、パターンランゲージの”いば先生”と

総合政策学部長の川添先生がメイン。

 

コーカスがない週の授業では、今現在、社会で現役で活躍しているSFC卒業生を何人か招き、現在の活動、SFC時代の話、生徒からの質問にセッション形式で答えてくれる。

 

生きた情報が手に入るため、非常に有意義。

 

逆にコーカスの週では、あまり勉強にならないため、評価はB。

 

 

授業を受けた感想:B

 

 

コーカスがちょっと残念。

 

通しで行われる1大イベントだが、入学直後ということもあってか、グループ内はあまりまとまらず、翌日に迫るプレゼンに何とか間に合わせるためだけのやっつけプロジェクトになっていて、結局プレゼンで魅せたもんがち。

 

投票でプロジェクトがランキング付けされるが、高順位のプロジェクトでも、実現することはまずない。

 

成績のためだけにやってる感じ。

 

自分もメンバーとして参加したが、実現可能性が低いと思ったため、最低限の仕事だけして早々に手を引いた。

 

コーカスがない週の先輩たちの話は非常にためになったため、評価はBに踏みとどまった。

あれがなければCだったかも。

 

詳しくはSFC授業ノートを参照。

 

 

スポンサードサーチ





まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

評価される相手を評価する、逆評価の考え方はとても大事です。

 

授業レビューの他にも、

 

SFCでの全ての授業のノートを記録している ”SFC授業ノート”  なども書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それではまた次の記事で!



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す