なぜ空を飛ぶのか

役に立ったらどんどんシェアしてね!

この記事は 528 文字約 2 分で読めます。




なぜ空を飛ぶのか

 

空の資源の有効活用

 

『人類にとって最適な形で空の資源を使うために』

 

空の資源とは

広い空間

綺麗な空気

青い空

太陽の光

 

 

空を飛ぶ理由はそれぞれ

 

 

移動に使えば

早い

広いから快適で楽

気持ちいい

かっこいい

地上が空く

地形に左右されない

災害時

 

ものを飛ばせば

高齢者

緊急時すぐに送らなきゃいけない

早い

地形に左右されない

災害時

 

インフラを配置すれば

地形に左右されない

地上が空く

地震津波など災害に強い

 

 

ポイントは

早い

地形に左右されない

地震津波など災害に強い

の4つを推していきたい。

 

 

 

人、物の移動を高速に、

肉体的、精神的なストレスを軽く、

地形、環境に左右されることなく、

災害時にこそ必要とされる、

 

個人飛行技術の開発

 

 

これが、今社会に必要とされている私たちの使命

 

 

参考:

FUTUREBLUESKY

Project Loon



スポンサードサーチ



役に立ったらどんどんシェアしてね!

コメントを残す